メディカルアロマは代替医療

メディカルアロマは、美容やリラクゼーションを目的とするアロマテラピーより、医学的な色が強いのが特徴です。精油本来の成分を活かして、未病の段階で病へ移行するのを防いだり、その進行を食い止めたりします。メディカルアロマを施術できるのは、講習を受けた認定セラピストです。ホスピスなど病院内でも行うところがあるようです。メディカルアロマには、ガンや生活習慣病他、アレルギーなどの慢性疾患に苦しむ人々の心と身体を癒すことができます。香りとマッサージで、凝り固まった筋肉や疲れた内蔵、皮膚を温めます。これからの時代、需要はどんどん高まることでしょう。高齢者施設や障碍者施設、治療院でも行っているところは増えていますね。治療目的ではありませんが、薬だけでは治すことのできない病にも代替医療として効果が確認されています。

メディカルアロマで自然治癒力を高める

メディカルアロマテラピーという代替治療をご存じでしょうか。メディカルアロマとは植物から抽出した精油を使った治療の事を指します。漢方や鍼灸も代替治療なんですよ。フランスで発祥したメディカルアロマはベルギー・フランスなどで医療として認められ盛んに活用されています。イギリス式のアロマテラピーは日本でメジャーですよね。このアロマテラピーの効能を利用した治療方法です。心療内科・皮膚科・産婦人科・眼科や歯科など幅広く活用されています。しかし現在の日本では保険適応として認められていないので、取り入れている病院はそう多くはありません。しかしながら病気を誘発するストレスの解消や心身の不安の解消に大きな効果があり、アトピーなどの皮膚の炎症を抑える作用などもありますから、この先どんどん需要が増えていくのではないでしょうか。

メディカルアロマで、体調管理を。

さまざまなストレスを軽減するには、色々と工夫が必要です。自分に合った方法を見付けるには、健康に関心がなければいけません。手軽な方法のひとつに、アロマテラピーがあります。好きな香りを嗅ぐことで、心が落ち着いて自律神経が整います。実際に、精油の種類によって、体質改善が期待出来ます。メディカルアロマは、医療と結び付いたアロマテラピーです。患者のつらい症状を緩和出来れば、回復を速めるためにも役立ちます。それぞれの疾患に合わせて、精油を調合して温湿布のように使用したり、洗面器を使って芳香浴をすれば、身体の内部の毛細血管に働きかけてくれます。アロマを行うことで、前向きな気持ちになったり、少しずつ症状が緩和されれば、食欲が出たり会話が出来たり、運動する気力が甦ります。専門の知識を活用して、最適な調合をすれば、その人にとって、効果の高いアロマを提供出来ます。