メディカルアロマの有用性

メディカルアロマとは、医療現場でも活用されているアロマテラピーのことを言います。このメディカルアロマの目的は、アロマを利用して、人間が本来持っている、自分の自然治癒力を強く高めるために行うことを目的としています。最近では、アロマの資格まで登場し、女性を中心に学ぶ人が非常に増加しています。アロマの注目度を近年どんどん上がっていて、特にこちらは自分の自然治癒力を上げるといることから、とても注目を浴びています。しかし、アロマテラピーは、エッセンシャルオイルなど利用します。ものによっては保険の対象外になってしまうものも多いので、メディカルアロマをなかなか病院の治療に入れたがらない所もあるようです。近年注目を浴びているので、是非保険の対象となり、幅広い皆様にアロマテラピーでその効果を実感して欲しいです。

メディカルアロマで手荒れ対策

ラベンダーオイルと聞くと「良い香りで安眠効果のあるというアロマオイル」とか「お風呂に入れるとリラックスするアロマオイル」というイメージを持たれる方も多いでしょう。アロマオイルには香りによってホッとリラックスするという効果もありますが、オイルそのものの力で病気以前の体の不調をケアできたり、病気とは認められない症状を改善するいわゆる「代替医療」の効果もあります。これがメディカルアロマです。アロマオイルは直接肌につけたりすることは控えなくてはならないものが多いのですが、例えば先ほどのラベンダーオイルは手荒れや湿疹、あかぎれなどの治療に大変有効です。使い方はいたって簡単。荒れてしまっている部分に直接ラベンダーオイルを垂らして擦り込むだけ。寝る前などにラベンダーオイルを擦り込んでおけば翌朝には傷が小さくなっています。オイルをそのまま使うのが不安な方はホホバオイルなどで薄めて塗ってもかまいません。ハンドクリームなどでなかなか手荒れが治らないという方におすすめです。

今注目されている、メディカルアロマ

日本の医療現場でもようやく注目されるようになってきたメディカルアロマ。アロマテラピーはリラクゼーションとして認識されていましたが、ヨーロッパでは人間の治癒力を高めるとして古くから医療現場でも利用されていました。香りを嗅ぐだけでなく、直接皮膚に塗ったり、経口摂取したりして体内に取り入れることで、痛みを和らげたり、免疫力を高めるといった効果を利用し、治療に活かします。ストレスの多い現代では、ますます需要が高まりそうですが、健康保険の適用外であることもあり、まだまだ取り入れている医療機関は少ないのが現状です。しかしながら、代替医療という新たな分野で注目を集めており、介護施設や病気の予防などでも取り入れられるようになってきました。メディカルアロマテラピストなどの資格取得者も増え、今後ますます注目されていくでしょう。