メディカルアロマの資格について

海外は、アロマを使っている人が多いですが、日本では、あまり浸透していませんでした。しかし、何年か前から、アロマが急速に人気になり、自宅でアロマを楽しむ人が増えています。自分の好きな香りを嗅ぐことで癒されます。そんなアロマは、楽しむだけでなく医療の現場で使用されることもあります。医療の現場では、心身の疲れがたまっている人が多いです。そんな人をアロマで治療するメディカルアロマの資格の取得する人が増えています。メディカルアロマは、法律で定められている定義というものはないため、メディカルアロマに関する団体によって、基準が違います。しかし、海外では、アロマによる治療が浸透しており、保険が適用される国もあります。これから日本も、どんどん治療に取り入れていく可能性が高いため、興味がある人は、資格の取得を目指しましょう。

メディカルアロマを活用して気持ちをリフレッシュ

体をリフレッシュする方法として、体を動かしたりすることが一般的ですが、いい香りを嗅ぐというのも方法の一つです。そのようなことをメディカルアロマと言います。メディカルアロマは直接匂いを嗅ぐので気持ちが落ち着くという効果があります。その中で、よく耳にするアロマオイルがラベンダーです。ラベンダー畑に行くととても心が穏やかになりリフレッシュできます。香りは直接脳が感じ取って作用するので、この方法を使ってやるのはとてもいいことです。そして、最近は医療分野でも取り入れられるようになっています。病気になると気持ちが落ち込んでしまったり元気がなくなることがあります。そのような時に、肌につけたりマッサージをしたり、香りを嗅ぐことで癒されるとされています。それだけでなく、自然治癒力を高める代替治療としても注目されています。

メディカルアロマの効果

アロマテラピーというと一般的にはハーブや花の香りでリラックスするものというイメージが浸透しています。しかしメディカルアロマは精油の力でリラックス効果だけではなく体の不調を改善します。心と体の不調を治癒する効果を十分に秘めた代替医療です。特にメディカルアロマが効果を発揮するのは月経前の不快な症状や心の病に対してです。女性特有である月経前症候群はストレスや緊張と関係が深く、症状の出方も千差万別です。そこでメディカルアロマを用いると心身ともにリラックス効果があらわれ症状が軽くなります。心の病気に対しても、病気を緩和することが認知され始めているので医療機関で活用される場合が多くあります。副作用がない方法なので、安心して施術を受けられるという点がメリットです。日本ではまだ十分に広がっているとは言いにくいですがフランスでは治療として保険も適用されています。